弓道で矢が上に飛ぶ原因と対策

弓道で矢が上に飛ぶことに悩んでいる人は多いと思います。

そこで、このページでは弓道で矢が上に飛ぶ原因と対策について説明します。

弓道で矢が上に飛ぶことに悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

弓道で矢が上に飛ぶ3つの原因

弓道で矢が上に飛ぶ原因①離れが下方向に出ている

離れが下方向に出ている場合、矢所は上に集中し、矢が上に飛びます。

これは、離れが下に出ることによって左手がつられるためです。

弓道で矢が上に飛ぶ原因②左手が不安定

左手の上押し・下押しのバランスが崩れて不安定になると矢所が上になり、矢が上に飛びます。

弓道で矢が上に飛ぶ原因③離れの際左手と右手のバウンド

左手が押し切れていなかったり、右手が引き切れていないと射型全体が不安定になります。

そして、射型全体の不安定になると、離れで無理矢理的に矢を届かせようとして左手と右手がバウンドし、矢が上に飛びます。

 

弓道で矢が上に飛ぶ原因別改善法

弓道で矢が上に飛ぶ原因①離れが下方向に出ている場合の改善法

離れが下方向に出ているのが原因の場合にはチューブ状のゴム弓を活用して正しい離れの感覚を身につける改善法があります。

但し、余り強く引っ張ってはいけません。

あくまでも「少し引っ張られているかな?」という程度にするように注意しましょう。

弓道で矢が上に飛ぶ原因②左手が不安定の場合の改善法

左手が不安定なのが原因の場合には手の内と伸びを修正するという改善法があります。

左手が不安定な場合には、まず手の内と伸びを見直す必要があります。

「手の内はきちんと上・下押しともに利いているか?」「きちんと的方向に押し伸びているか?」を確認し、手の内が乱れているなら修正をし、押し伸びができていないなら押し伸びをします。

 

弓道で矢が上に飛ぶ原因③離れの際の左手と右手のバウンドの場合の改善法

離れの際左手と右手のバウンドが原因の場合には押し伸び、引き伸びを会でしっかりするという改善法があります。

「押し伸び」とは左手の伸びのことで、「引き伸び」とは右手の伸びのことです。

離れの際に左右の手がバウンドする原因は、会での左右の伸びが不十分で不足していることにあります。

そこで、会での左右の伸びを十分にしてやることで改善されます。

中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道未経験で弓道部の顧問になってしまった人のために開発された弓道上達プログラムがります。

史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生が映像を交え解りやすく解説している弓道上達プログラムです。

半年以内に弓道が上達しなかったら「全額返金」される「返金保証」付き なので、安心して取り組めます。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事