弓道における打起しとは

打起しとは、弓を引き分ける前に、左右の両こぶしを頭上に上げる動作のことを指します。

打起しのポイント

弓道における打起しにおいては、身体、精神ともにゆったりと伸び伸びした気持ちで呼吸を整え胴造りが崩れないようにすることポイントとなります。

また、拳に無用な力を入れず、両肩が下に沈むようにしましょう。取懸け、手の内の形を変えず、肩を楽に落とすようにしましょう。

そして、呼吸(気息)をしっかりと整えて、吸う呼吸に合わせて静かに両拳を上げます。この時、次の動作の引分けへスムーズに移行できるように、緊張感をもった構えとなるのが望ましいとされています。

また、構えは、両肩は沈めたままで、腕の高さの角度は45度を標準とします。

45度に打ち起こす

打ち起こす際には、物見で的の中心を見定めたまま、弓矢を持った両拳を遠く高く移すイメージをして打起します。

この時、近くて高いところへ移すイメージでは両肩が体の後方に行ってしまうので、引き分け、会の段階で、弓の強さに負けてしまうので注意しましょう。

手の内を崩さない

両拳を上げた際に、弓構えで整えた手の内が崩れないように、左手首の角度に注意することが大切です。

親指と中指で作った輪を回すイメージで手首を使うのがポイントです。

打起こしの時によく見られる射癖

打起しの動作の際には、視線が的に固定されているので、射癖が出やすくなります。

なので、一つ一つの打起こしの動作を確認し、早めに射癖を自覚して矯正するための正しい稽古を積み重ねることが重要になります。

引き分け(正面打起し)での矢の向き両肩との水平がでないために、矢先が上がり過ぎる場合には、両拳を水平にしている可能性があるので、左拳を心持ちやや下げ、矢が水平になるようにしましょう。

反対に、矢先が下がり過ぎるのは、矢先の水流れを意識し過ぎや、矢番えの位置が高すぎる場合に起こりやすくなります。常に円相を崩さないことを意識して練習しましょう。

弓道における打起しの重要性

弓道における打起しは、弓構えの姿勢を崩さずに両腕を静かにゆっくりと両腕を上げる重要な動作です。

打起しとは、弓を引き分ける前に両腕を上げる動作のことをさします。

両肩は弓構えのまま変えずに、物見で顔を的とに向けた視線を維持したまま、両腕を頭の上よりやや高い位置まで上げて行きます。

弓を待った手元は見ないまま動かしますが、円相の形は崩さないようにしましょう。

矢は的に向かい水平にし、弓先が上がらないように注意し、力は丹田(おへその下あたり)に集中させる気持ちで行います。

打起しは呼吸に合わせて静かにゆっくりと動作します。煙が無風の中をゆっくりと登っていくイメージで行うことが大切です。

弓道における打起しの4つのポイント

弓道における打起しには、①打起しの動作は視線を的に向けたまま行う、②両肩のラインを崩さずに腕を上げていく、③打越の高さは45度よりやや高めにする、④打起しの呼吸法、という4つのポイントがあります。

①打起しの動作は視線を的に向けたまま行う

打起しは、弓構えで完成させた形を崩さずに、物見をしてからとなります。

視線は的に向けたまま行うので、弓の高さが適切か、位置は顔の正面にきているか、円相の形が崩れていないかなど動きのポイントに気を付けます。

慣れないうちは、目で確認しながら練習してもよいでしょう。

②両肩のラインを崩さずに腕を上げていく

両方の腕を上げる時には、両肩のラインが崩れないように動作します。
両方のコブシはできるだけ体の遠くをとおりながら弓を上げるようにしましょう。

一連の動作はゆったりとしながら、途切れることなく、流れるような速度で行います。

③打越の高さは45度よりやや高めにする

腕を上げた時の高さは、腕と床の角度(右の躰側面から見て)が約45度になるようにとされていますが、肩の付け根があがらない範囲でできるだけ高く上げましょう。

何故なら、次の引き分けでの上下運動がしやすくなるからです。

④打起しの呼吸法

弓は呼吸に合わせて行射します。打起しの最初は息を吸いながら行い、その後、息を吐きながら打起しを完成するのが良いでしょう。

弓道における打起しのコツ

弓道における打起しのコツは、腕と床が45度になるのを目安に両腕を上げる点にあります。

打起しとは、弓構えの後、弓を引分ける前に両手を上げる動作のことです。

物見で的に向けた視線を維持しながら両腕を頭よりやや上の位置まで上げていきます。

この時、円相の形は崩さず、矢が的に向かって水平になるように方向性を維持しましょう。

腕を上げた時の高さは、腕と床が45度になるのが目安です。こうすることで、弦を持つ右手を上げるときに、垂直に打ち起こすことげできます。

ただし、あげすぎて方が動いてしまうと、次の引分けでの動作が難しくなるので注意が必要です。

弓道における打起しのポイント

弓道における打起しには、「丁寧にゆっくり両腕を引き上げる」というポイントがあります。

打起しで両方の腕を上げるときには、両肩の線が崩れないように注意しましょう。

両手の拳は、円相を維持しつつ、できるだけ躰の遠くを通りながら弓を上げることがポイントになります。

一連の動作は、ゆっくりとしながら途切れることなく流れるようなスピードで行われる必要があります。

打起しの動作で注意すべき点は、初動の部分です。弓構えで整えられた両腕と両肘の構えが最初の動きで崩れてしまうと意味がありません。

また、正しい手の内ができていないと、打起した時に手首が伸びてしまうので注意しましょう。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事