弓道における足踏み

弓道における足踏みとは

弓道における足踏みとは、弓を射る間、体を安定させて、正しい姿勢を保持するうえで基本となる足の踏み方、足構えのことです。

正しい射をするためには、正しい姿勢を造る必要があります。つまり、正しい足踏みをしなければならないのです。単に左右に開くだけでは足りません。

具体的には、射位から脇上面に向かって立ち、両方の親指の先を的の中心と一直線上になるように構えます。

また、このときの角度は外八文字(約60度程度)で幅は自己の矢束と同じようにします。

さらに、末弭(うらはず:弦をかける弓の上部)は床上約10cmに留めます。

足踏みの注意点と重要性

足を開く時に、あまり下を向くと首が折れて姿勢が崩れてしまいます。

姿勢が崩れてしまわないように、足を開く際は、あまり下を向かないで目尻で足元を見るようにしましょう。

また、その際には、足の底でしっかり大地を踏みしめるように立ち、下半身を安定させましょう。

こうすることで、後の「胴造り」の基礎が出来上がります。

足踏みの種類は2種類

足踏みには流派により異なる足踏みが2種類あります。

小笠原流の礼射系統の足踏みと、日置流の武射系の足踏みです。

小笠原流の礼射系統の足踏みでは、左足を半歩踏んで、右足を左足まで引きつけてそこから踏み開きます。

具体的には、的の一直線上に左爪先を矢束の半分くらいを60度くらいに踏み、的を見込んだまま、右爪先を左足の近くまで引きつけながら、描く気持ちで矢束の残りを踏む据えます。

日置流の武射系統の足踏みでは、左足を半歩踏み開き、右足は左足に引きつけず、半歩踏み開きます。

具体的には、的の中心とそのつま先とを直線で結び、その延長線上に右足の位置を推定し、眼を右足先に注いで右方に踏み開きます。

弓道における足踏みの重要性

弓道における足踏みは、足の位置を決めて土台を作る基礎的な構えで、行射の善し悪しが最初に決まる重要な動作です。

スタンス(立ち位置)は、両足の親指先の延長線上に的の中心が来る位置です。

最初に揃えておいた両足は、一足または二足の方法で開いていきます。

一足の開き方は、的を見て左足を開き、次に一度右足を左足に揃えてから右側に移動します。この時。足元は見ないで行います。

二足の開き方は的を見て左足を開き次に足元を見て右足を開きます。

両足の開く大きさは、肩幅より少し広く身長の半分くらいを目安に最も安定する位置にし、足の向きは約60度の逆ハの字にします。

足踏みは、両手を腰に置いたまま足を移動させ、足の親指付け根の幅の広いあたりに体重を乗せて、やや前傾の姿勢にします。

弓道における足踏みの4つのポイント

弓道における足踏みには①ストレートスタンスは足が的へほぼ平行になる、②クローズスタンスにしてはならない、③丁字型足踏みは足先を的の方へ動かす、④足の角度は60度を目安に重心は体の前に置く、といった4つのポイントがあります。

ストレートスタンスは足が的へほぼ平行になる

ストレートスタンスは、体が的に対して垂直になり、足は的に対してほぼ平行な形になっています。

このスタンスは難しい技術を必要とせず、感覚的にわかりやすいので初心者にとって自然と立つことができる方法になります。

クローズスタンスにしてはならない

クローズスタンスは、左足が的との直線ラインから出てしまう状態です。

安定した行射ができないので、このスタンスで行うことは避けましょう

丁字型足踏みは足先を的の方へ動かす

丁字型足踏みは、逆八の字に踏み開いた右足先を親指一つ分的の方向へ動かし、左足の指先も的の方に動かします。

右の親指と左足の親指とを結ぶ線は的のやや左側に来ます。

腰を肩の線と的が直角になるようにすると、わずかなひねりが生じ体が決まり安定します。

足の角度は60度を目安に重心は体の前に置く

両足の開く角度は約60度を目安にします。これより広いと安定はしますがスムーズに離れの動作ができません。

体の重心は前に置き、自然な前傾姿勢をとります。足の親指の付け根あたりに体重を乗せてバランスをとると、押されても崩れない安定した形になります。

弓道における足踏みのコツ

弓道においては執弓の姿勢から足踏みの動作に入ります。

まず、両手に弓を持った執弓の姿勢を取ります。

この敵、矢の先端は体の前で、床上10センチを目安に維持します。拳は腰骨あたりに置き、足は3センチほど平行に広げます。

そこから的を見て、足を開く動作が足踏みの動作となります。

足踏みには礼射系と武射系がありますが、重心の置き方や開いた足の形は変わりません。

両手は腰に置いたまま足を移動し、親指の付け根あたりに重心を乗せて、やや前傾の姿勢を取ります。

足踏みの姿勢が悪いと、的への狙いや三重十文字が狂いますので注意が必要です。

足踏みの3つのコツ

足踏みには①足元を見ずに一足で開く、②親指の延長線上に的の中心が来る、③足元を見て二足で開く、という3つのコツがあります。

足元を見ずに一足で開く

礼射系の足踏みでは、最初に揃えておいた両足を的を見てから左足を開きます。

次に一度右足を左足に揃えてから、右側に移動します。

この時足元を見ないで行うのがポイントです。

そして、一足で開いた両足は扇形になります。

親指の延長線上に的の中心がくる

両足の親指の延長線上に的の中心がくることが重要なポイントとなります。

両足の開く大きさは、肩幅よりも広く身長の半分を目安にして、最も重心が安定する位置にし、足の向きは約60度の逆ハの字にします。

足踏みが悪いと三重十文字の形が崩れるので注意が必要です。

足元を見て二足で開く

武者系の足踏みでは、的を見て左足を開き、次に足元を見て右足を開きます。

足元を見て行える武者系の足踏みは初心者にとっては優しい足踏みの方法といえるかしもしれません。

どちらの足踏みの方法がよいかは礼射系と武者系の両方の方法を試して決めましょう。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事