弓道における手の内とは

手の内とは

手の内とは、弓の持ち方のことです。
左手は正しく弓の握り皮の所を握り、手の内を定めます。

手の内の重要性

手の内は、弓の力をよく働かせ、弓の速度、貫通力、飛翔力、集中力に

大きな影響を及ぼす重要な技法です。

手の内を作る際のポイント

手の内を作る際のポイントは、虎口(ここう:左手の親指と人差し指の

間の部分)の皮、人差し指の皮を、下から巻き込むよう整えることです

手の内の作り方の手順

①まず、左手の親指と人差し指の間の虎口(ここう:左手の親指と人差

し指の間の部分)を、弓を構えた時に手前になる弓の面(弦側の面)の内

竹の左より3:7になる部分に最も深くなるところを当てます。

②次に、小指の根元近くから反対側に向かう手のひらの筋(天文筋)を弓

の外竹(弓を構えた時に的に向かう弓の外側の面)の左角に当てます。

③更に、小指と親指を卵を握るような感じですぼめるようにして、外竹

の右側面の角を小指の第一関節を当て、曲げて押さえます。

④そして、薬指、中指の順に3本の指の先端が揃うように曲げて右側面

を押さえます。その際に、小指は普通に曲げて押さえる時よりも、指1

本分ほど上を押さえ、親指と中指の間に隙間が出来ないように注意しま

しょう。

手の内を整える際の基本と重要なポイント

手の内を整える際の基本は、天文筋を弓の外竹の左角に当てることです

天文筋とは指を曲げた時に掌にできる筋のことです。手の内を整える際

には、この天文筋を弓の外竹の左角に当てることが基本となります。

この状態を、会、離れ、残心(残身)まで崩さないことが重要です。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事