弓道における射法八節とは

射法とは

射法(しゃほう)とは文字通り「射を行う方法」である。

即ち、弓矢で射を行う場合の基本的な決まり事のことです。

射法は、弓道を修練する場合の基準であり、射法を十分に理解すること

が必要です。

射法八節とは

射法には八つの動作となる区切りが設けられていて、この八つの動作の

区切りのつながりが射法八節といわれています。

即ち、射法八節とは、弓道における射法の八つの基本動作のことなので

す。

射法八節は、足踏み(立つ位置を決める)・胴造り(姿勢を整える)・

弓構ゆがまえ(弦に指をかける)・打起うちおこし(弓を持ち上げる)

・引分ひきわけ(弓を引く)・会かい(狙いを定める)・離れ(矢を射

る)・残心(残身)(矢を射た後の姿勢)の八つの動作から構成されま

す。

これらの八つの動作は相互に関連する一連の流れですが、各動作ごとに

異なった八つの動作であることを意識することが重要です。

射法八節

射法八節とは、足踏みから始まり残心(身)で終わる行射の流れをいい

ます。

射法八節の一つ一つの動作は、それぞれが独立したものではありません

。一連の動作として引き継がれていく一連の流れなのです。

射法八節は、行射の基本です。射法八節に従い弓を引くことが大切です

初心者は言うに及ばす上級者であっても常に、理想の射形に近づくには

射法八節を意識して弓を引くことが最重要課題になります。

行射と射法八節

行射とは、構えの姿勢から弓弦を引き、矢を放つまでの一連の流れをい

います。

この行射の一連の動作には①執弓の姿勢、②足踏み、③胴造り、④弓構

え、⑤打起し、⑥引き分け、⑦回、⑧離れ、⑨残心(身)、⑩弓倒し、

丸11物見返し、⑫足踏み戻しまでの節があります。

これらの節のうち特に②足踏みから⑨残心(身)までを射法八節といい

ます。

射法八節の流れと各ポイント

①足踏み:左足を踏み出す時に左腰の中心を的に向ける

②胴造り:重心は体の前方、土踏まずあたりに置く

③弓構え:親指と弦で直角を作る

④打起し:呼吸を止めて吸う息で打起こす

⑤引分け:矢尺の半分を目安にする

⑥会:天地左右に伸び合う

⑦:離れ:気合の発動で離れる

⑧残心(身):会、離れの延長にあるのが残心(身)

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事