弓道における弓構えとは

1.弓構えとは

弓構えとは、右手を矢に添えて弦を持ち左手の握りを整える動作のことをいいます。

2.弓構えのポイント

弓構えを行う際に大切なポイントは、呼吸を整え気力を充実させて動作することです。

また、手首や肘は、柔らかなものを抱くような気持ちで弓矢を保つことが重要です。

3.弓構えに含まれる動作

弓構えには「取懸け」「手の内」「物見」の三つの動作が含まれます。

この三つの動作が含まれる弓構えの動作が出来れば、打起し以降の実際に弓を引き放つ動作に移ることが出来ます。

右手を矢に添えて弦を持ち左手の握りを整えるこれらの三つの動作をしっかり習得することは大変重要です。

4.弓構えの重要性

弓構えまでの動作は、実際に弓を引き放つ動作の基礎となる準備段階の動作です。

弓構えの動作を正確に行うことにより、以降の動作をより円滑に行うことができるようになるのです。

このように弓構えまでの動作は、 建物建築に例えるならば土台などの基礎部分に該当するものであり、これを疎かにしては頑丈な建物は立たないように正確な射法は成り立たない重要な動作です。

5.弓構えの留意点

弓構えを含めた足踏みから残身(心)までの行射の流れである射法八節の動作は、それぞれ独立したものではありません。一連の流れとしてとらえることが重要です。

弓構えも、この流れの中の一節であるという点に留意する必要があります。

弓構えで細心の注意を払うべき3つのポイントとは?

大切な取り掛け・手の内において注意すべきポイントがあります。この2つの動作は弓構えの中でも、体と弓の接点であるため非常に重要です。それぞれ細心の注意を払うべき3つのポイントがあります。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修の弓道上達革命DVDでは、その3つのポイントについて映像とともに詳しく説明しています。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事