弓道における取懸け

取懸けのポイント

取懸けにおいて重要なポイントは、五重十文字のうちのひとつである?(ゆがけ)の親指と弦の角度を直角(十文字)にすることです。

そして、この?の親指と弦の角度を直角(十文字)である状態は会まで維持することが必要です。

取懸けの手順

①呼吸を整え、右手を動かすのと同時に左手も矢羽が体の中央に来るように動かします。

②次に、?の親指の弦枕に弦をかけます。

③ほんの少し右手を内側に捻り弦と?の親指を十文字(弦に対して親指が直角)にします。

④左手の人差し指が矢の下になるように握り直します。

取懸けの重要性

正確な取懸けができないと、弦が十分に引けなくなり行射中に矢こぼれや、スムーズな離れができなくなります。

取懸けを正確に行えるようにすることはとても重要です。

弓道における弓構え・取懸けの重要性

弓道における弓構え・取懸けは、胴体を安定させて構えの全身を完成にさせる重要な動作です。

弓構えでは弓を番えた後、①取懸けをし、②手の内を決め、③物見をしながら行射への体勢づくりを行う、という3種類の動作を行います。

この一連の動作は、弓の本弭を左膝頭につけたまま行います。

取懸けは?の親指に弦をかけて弓を引く準備をすることです。

弓を顔の正面から少し左に傾け、体の正面で取懸けの動作をします。

?に弦枕のある場合には、これを弦にかけますが、ない場合には親指の第1関節より付け根に近い内側に弦をかけます。

親指は弦に対して直角になるようにし、?の親指の帽子に矢が触れないように少し離して取懸けをします。

?の中指を軽く曲げ親指の爪のあたりにかけ、人差し指を添えます。

弓道における弓構え・取懸けの3つのポイント

弓道における弓構え・取懸けには①親指は弦に対して直角に取懸ける、②筈の位置は高すぎないようにする、③右手はリラックスさせて指先を軽く曲げる、といった3つのポイントがあります。

①親指は弦に対して直角に取懸ける

親指は減とほぼ直角になるようして、矢は?の親指の防止に触れない程度の位置に置きましょう。

人差し指は軽く矢を抑えるようにして矢が弓から離れない(矢口が上がらい)ようにします。

この時人差し指は触れても触れなくてもどちらでも構いません。薬指と小指は軽く握りこんでおきましょう。

②筈の位置は高すぎないようにする

筈の位置は高すぎないようにします。

近すぎるのもよくありません。

③右手はリラックスさせて指先を軽く曲げる

取懸けをするときは、右手は力を抜いてリラックスさせ、指の先を軽く曲げます。

手の甲と指が滑らかに曲線を描き、なるべく拳が出っ張らないようにします。

取懸けの動きを意識するあまり、力を入れすぎないようにしましょう。力が入ってしまうと、指の根元から曲がってしまいます。

弓道における弓構え・取懸けのコツ

弓道における弓構え・取懸けのコツは、五重十文字の形を会まで崩れないように維持する点にあります。

矢を弓に番えた後に行う動作が弓構えです。

弓構えは、まず取懸けを行い、手の内を定め、物見をするという3つの動作で構成されています。

これら3つの動作は、一連の流れの中の動作であり、弓の本弭を左膝頭につけたまま行います。

取懸けでは、五重十文字の一つである?と親指が直角を作ることが重要になります。

そして、この関係を会まで維持できるように意識しましょう。

二指(三指)は第二関節に気持ちを置き、指先に力を入れて防止を握ったり、抑え込んだりしないようにします。電車でつり革を持つイメージでつかみます。

取懸けがしっかりできていないと、その後の行射中に矢こぼれをしてしまうこともあります。正確な取懸けを覚えましょう。

弓道における弓構え・取懸けの2つのポイント

弓道における弓構え・取懸けには①?の親指に弦をかける、②親指が弦に対して直角になる、という2つのポイントがあります。

①?の親指に弦をかける

取懸けとは、?の親指に弦をかけて、弓を引く準備をする動作のことです。

弓を顔の正面から少し右に傾けて、体の正面で取懸けの動作に入ります。

?に弦枕がある場合には、弦をそこにかけます。無い場合には、親指の第一関節より内側にかけます。

②親指が弦に対して直角になる

取懸けは、?の親指の防止に矢が触れないように少し離して行います。

この時に親指は弦に対して直角になるようにすることがポイントになります。

?の中指は指先を軽く曲げて、親指の爪のあたりにかけて人差し指を添えるようにします。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事