弓道で矢が後ろに飛ぶことに悩んでいる人は多いと思います。

これは「後ろ狙い」という射癖のためです。

そこでこのページでは、弓道で矢が後ろに飛ぶ「後ろ狙い」の具体的な直し方について解説していきます。

弓道で矢が後ろに飛ぶ「後ろ狙い」の射癖に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

1.弓道で矢が後ろに飛ぶ「後ろ狙い」とは

弓道で綺麗な姿勢と維持して左右対称に弓を引くためには、左右の拳を均等に動かして、引き分けていく必要があります。

しかし、後ろ狙いの場合には、左手の方が先に、右手より降りてしまって、矢先が後ろに向いたまま弓を引いてしまい、会でもその状態になってしまうのです。

2.弓道で矢が後ろに飛ぶ「後ろ狙い」の原因

①弓道で矢が後ろに飛ぶ「後ろ狙い」の原因:利き目の違い

後ろ狙いの原因としてまず考えられるのは、利き目の違いです。

ほとんどの人は右目が利き目なので、弓道でも、利き目の右目で狙いを定めている人がほとんどです。

しかし、当たり前のことですが左目が利き目の人もいます。

左目が効き目の人が左目で狙いを定めると、右目が利き目の人よりも、的二つほど前を狙うことにになってしまいます。

この場合の対策としては、まず、左目を閉じて右目だけで狙いを定めてから、左目を開けて両目で最終的に狙いを定めるようにします。

②弓道で矢が後ろに飛ぶ「後ろ狙い」の原因:ゆるみ離れ

また、後ろ狙いのもうひとつの大きな原因としては、ゆるみ離れがあります。

ゆるみ離れは、弓道において早気と並んで最も克服するのが難しいといわれる射癖です。

それは、ゆるみ離れと後ろ狙いは相互に原因にもなり、ゆるみ離れを直すと同時に後ろ狙いの射癖も直さなければならず、非常に時間と根気が必要になるためです。

ゆるみ離れは、矢の飛び方が的の中心を狙っても、矢が的の右側(前)に飛ぶため、無意識のうちに狙いを左側(後ろ)にずらし、的中を上げようとすることが原因で後ろ狙いになってしまいます。

ゆるみ離れの癖は、的中があると、なかなか射癖には気づかないものです。

なので、的中があっても人に見てもらい、射癖がついてしまっていないかどうかを見直す必要があります。

③弓道で矢が後ろに飛ぶ「後ろ狙い」の原因:離れで左右が揃わず、左が早い

その他の原因として考えられるのは、離れで左右が揃わず、左が早い場合です。

また、伸びるつもりで押手(左手)を後ろ(左)に振っている場合です。

これらは、ゆるみ離れと深く関係しているので、まずは、ゆるみ離れを直すことを目標として、克服しましょう。

射癖は、自分ではなかなか気づきにくいものです。

他の人に見てもらうい、積極的に射癖や矯正し、弓道を上達させましょう。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事