弓道における弓構え・押し手のコツ

弓道における弓構え・押し手のコツは、正しい手の内で中押しをするという点にあります。

弓構えで弓を持つ手では、手の内を作り、自然な中押しの形にになることが理想です。

この形を会まで維持することで、的に向かって矢が真っ直ぐに飛びます。

力が上から下に加わる上押しや下から上に加わる下押しになってしまうと、弓に無駄な力が入ったり、動きがスムーズにならずに精度が落ちてしまいます。

中押しを作るためには、正しい手の内を作ることが大切です。必要以上に力を入れずに「握子」「締まる」の違いを理解することが重要です。

指の向きや角見の利かせ方などに注意しながら理想の手の内を作りましょう。

1.弓道における弓構え・押し手の2つのポイント

弓道における弓構え・押し手には①角見を働かせて弓を握る、②爪揃えに気を付けて手の内を決める、という2つのポイントがあります。

2.角見を働かせて弓を握る

手の内では、角見を意識することがポイントになります。

左手親指と人差し指の間で矢や親指よりの部分に弓の角を当てて握ります。

こうするこtにより会では理想的な的の中心に向かって押すようなイメージの握り方ができるようになります。

3.爪揃えに気を付けて手の内を決める

押し手では爪揃えにも注意する必要があります。

親指の爪を上に向け、中指と薬指、小指をそろえて一体化させます。人差し指には力を入れず、軽く握るのがポイントです。

人差し指を曲げすぎたり、伸ばしすぎたりすると手の内に余分な力がかかってしまうので注意しましょう。

弓道における弓構え・中押しの重要性

弓道における弓構え・中押しは、弓への力の入り方や動きを円滑にする重要な動作です。

弓道における弓構えでは中押しを心掛けましょう。

手の内を作り、弓を支える持ち方には中押し、上押し、下押し(ベタ押し)の3種類があります。

弓道における弓構え・中押しは、弓への力の入り方や動きを円滑にするためにも、出来るだけ中押しの形に近づけるようにしましょう。

力が上から下方向に加わる上押しや、下から上方向に加わる下押しでは、適切な左手の動きができなくなり、矢が真っすぐに飛びません。

中押しをするためには、正しい手の内を作り、力まずに、その形を維持します。

親指の向きや角三の効かせ方、手の平のあて方など何度も練習する必要があります。

大三で決まった手の内を崩さないように引き分けていきますが、手首が折れたり、曲がって手の内が入りすぎたり控えすぎたりしないようにします。

弓道における弓構え・中押しの4つのポイント

弓道における弓構え・中押しには①手の内の中心を軸にした中押しを心掛ける、②親指に力が入りすぎる上押しに気を付ける、③左手全体が弓に巻き付く下押し(ベタ押し)は避ける、④手の内を裏からも見る、といった4つのポイントがあります。

①手の内の中心を軸にした中押しを心掛ける

手の内を作った左手の中心を軸にして弓を支える握り方が中押しです。

手の内の形が崩れず、的に向かい、真っすぐとなる弓は適切な力が加わる正しい持ち方です。

手先はもちろんのこと、肩から腕、指先までをリラックスさせて一続きの力となり弓を支えるように意識しましょう。

②親指に力が入りすぎる上押しに気を付ける

上押しは親指に力が加わるので手首が立ち、弓が的の方へ傾いてしまう状態です。

親指の付け根と弓の間に空間ができてしまいます。

正しい手の内では親指が少し反っているのですが、上押しでは親指先が下へ向いてしまい、適切な力が働きません。

③左手全体が弓に巻き付く下押し(ベタ押し)は避ける

左手の平全体をあてて弓を握り込んでしまう形を下押し(ベタ押し)といいます。

親指の付け根まで弓についてしまい、弓と手の間に適度な空間がなくなり、動きが固定され、スムーズな弓の運びができなくなってしまいます。

④手の内を裏からも見る

自然に真っすぐ押す中押しになるためには、手の内を作る時に天紋筋を正しくあてることです。

天紋筋に沿って弓を握っていれば、手の甲から見て拳の盛り上がった手指の骨部分が一直線になります。

正しくないとこの部分が弓に対して曲がってしまいます。

天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修
弓道上達DVD教材

おすすめの記事